Trancy 物流と人のハーモニー 日本トランスシティ株式会社

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、創業以来「事業を通じて社会に貢献する」を使命とし、
株主、顧客・取引先、従業員、社会等のすべてのステークホルダーの信頼と期待に応えるとともに、
経営の効率化・透明性を高め、企業価値の向上と持続的な成長を実現するため、
コーポレートガバナンスの充実と強化を行います。

コーポレートガバナンス体制

当社は監査役設置会社を選択し、取締役会において、経営の重要な意思決定および業務執行の監督を行うとともに、
取締役会から独立した監査役および監査役会により職務執行状況等の監査を実施しております。
また、経営の監督機能と業務執行を分離し、権限と責任を明確にするために執行役員制度を導入し、執行役員を選任しております。
さらに、株主総会、取締役会、監査役会のほか、指名委員会、報酬委員会、サステナビリティ委員会、リスク管理委員会、
常務役員会などを設置しております。

コーポレートガバナンス体制

取締役会
株主からの受託者責任を踏まえ、経営戦略、経営計画その他当社の経営の重要な意思決定および業務執行の監督を行い、法令、定款のほか、取締役会規程において定めた事項を決議しております。また、それ以外の事項についても常務役員会規程、稟議規程等において具体的な事項・手続きを定め、その執行等により、当該意思決定および業務執行を監督しております。
取締役会は、社外取締役3名を含む取締役7名で構成され、月1回の定期開催と必要に応じた臨時開催により、迅速かつ適正な意思決定を行っており、また、監査役5名は常時出席して意見陳述を行っております。
監査役会
持続的な企業価値の向上に向けて会社の健全性を確保するために、各監査役による監査の実効性を確保する体制を整備するとともに、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議、決議を行っております。
監査役会は、5名(うち、社外監査役4名)で構成され、原則として月1回開催しております。監査役は常勤監査役2名ならびに非常勤監査役3名の5名体制により、重要会議(常務役員会、経営計画委員会、部店長会議など)に出席して意見陳述を行うとともに、稟議事項の監査を含め、取締役および使用人の業務執行を常に監査しております。また、代表取締役、内部統制室、会計監査人との間で適宜、情報交換や意見交換を行い、問題点の指摘や是正を図っております。
指名委員会
取締役会の構成の公正性・経営の実効性を確保するために、取締役候補および経営陣幹部である執行役員の指名に関する事項を審議し、取締役会の諮問委員会として取締役会に答申しております。
指名委員会は、社外取締役を議長とし、取締役5名で構成され、年1回の定期開催と必要に応じて臨時開催しております。
報酬委員会
経営の妥当性・透明性を確保するために、取締役および経営陣幹部である執行役員が受ける報酬に関する事項を審議し、取締役会の諮問委員会として取締役会に答申しております。報酬委員会は、社外取締役を議長とし、取締役5名で構成され、年1回の定期開催と必要に応じて臨時開催しております。
サステナビリティ
 委員会
サステナビリティ経営をけん引することで、社会の発展に貢献し、企業価値を高めるために、当社グループにおけるサステナビリティ課題を統括管理・審議しております。さらに委員会の中には、機動的にサステナビリティを推進するサステナビリティ推進委員会(下部組織:環境分科会・社会分科会・ガバナンス分科会)とIR推進委員会を設置し、より戦略的かつ継続的に課題に取り組む体制としております。サステナビリティ委員会は、取締役7名で構成され、年2回定期開催し、必要に応じて臨時開催します。また、監査役5名はオブザーバーとして出席します。
リスク管理委員会
当社グループにおける事業活動に影響を及ぼすリスクを除去し、可能な限り被害を極小化するため、リスク管理推進の基本方針・施策の決定等をはじめとするリスク管理に関する重要な事項を審議しており、さらに委員会の下にはリスクに応じた各委員会を設置し、リスク管理委員会が包括的に管理・統括しております。リスク管理委員会は、取締役7名で構成され、年2回の定期開催と必要に応じて臨時開催しております。また、監査役5名はオブザーバーとして出席し、意見陳述を行っております。
常務役員会

取締役会で定められた方針に基づき経営に関する重要事項を協議し、社長執行役員の業務執行を補佐しております。常務役員会は、役付執行役員7名で構成され、月2回定期開催しております。また、常勤監査役は常時出席して意見陳述を行っております。

CONTACT US
お問い合わせ

日本トランスシティ株式会社へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ先・フォーム